不登校新聞

579号 2022/6/1

富山県で不登校支援20年の実績を持つフリースクール「はぁとぴあ21」

2022年05月25日 13:10 by kito-shin
2022年05月25日 13:10 by kito-shin

 富山県の不登校支援団体「NPO法人はぁとぴあ21」にお話をうかがった。フリースクールと通信制高校、放課後等デイサービスなどを合わせて150名の子どもが在籍する「はぁとぴあ学園」とは、どのような居場所なのだろうか。(連載「不登校その後の居場所」第2回/企画執筆・茂手木涼岳)※写真ははぁとぴあ学園「フリースクールフレンズ」のようす

* * *

◎団体の概要・理念
 私たちは1994年に富山県射水市に不登校の親の会を立ち上げるとともに、子どもの居場所事業も始めました。現在は、フリースクール、通信制高校との連携、放課後等デイサービスなどを運営し、これら3つを合わせた「はぁとぴあ学園」には、計150名あまりの子どもたちが在籍しています。

 私たちのウリは20年近く不登校支援を続けていることです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校から旅立ちまでをサポート フリースクールみなもの実践

587号 2022/10/1

「もういい」と本人が言うまでつき合う 訪問支援を20年続ける「漂流教室」

585号 2022/9/1

「考える力」が重要 独自カリキュラムで学びを支援する「考学舎」の実践

584号 2022/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…