不登校新聞

581号 2022/7/1

子どもに関わるすべての大人に観てほしい映画「ゆめパの時間」

2022年06月27日 15:38 by kito-shin
2022年06月27日 15:38 by kito-shin


©ガーラフィルム/ノンデライコ

 7月9日(土)より、ドキュメンタリー映画「ゆめパのじかん」が全国順次公開される予定です。2001年4月1日に施行された「川崎市子どもの権利に関する条例」をもとに、官民共同でつくられた「川崎市子ども夢パーク」には、全国各地から視察が相次いでいます。その「川崎市子ども夢パーク」を追った本作には、不登校の子どもたちも登場します。泥だらけになって遊ぶ子どもの笑顔、自身の将来に真剣に悩む子どもの姿。「川崎市子ども夢パーク」で流れる「こどものじかん」を追った本作をご紹介します。

* * *

 神奈川県川崎市高津区にある「川崎市子ども夢パーク」の日常を追ったドキュメンタリー映画『ゆめパのじかん』が7月9日(土)より、全国で順次公開される。約1万平米の広大な敷地を持つ夢パークには、たき火や泥遊びができるプレーパーク、音楽スタジオ、創作スペースのほか、不登校の子どものための居場所「フリースペースえん」も開設されている。映画には、小学1年生のときに半年だけ学校へ行った子、ノートに写すだけの勉強が嫌いだったという子など、不登校の子どもたちも登場する。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活の…