不登校新聞

587号 2022/10/1

ひきこもる息子のことを考えない日が来るとは 母と息子に訪れた変化

2022年10月11日 12:45 by kito-shin
2022年10月11日 12:45 by kito-shin

 息子さんの不登校から数年。長い苦しみの果てに「自分の人生を楽しんで生きていいんだ」と悟った母親・後藤誠子さん。この気づきから、ついに心安らぐ日々が訪れます。(連載「不登校は幸せへの道」第26回)※写真は後藤誠子さん

* * *

 やっと文章を書く楽しさを思い出した私。ブログに次男との日々をつづることで、心が動き始め、次から次へとやりたいことが見つかるようになった。なかでも一番のチャレンジだったのは、地元のコミュニティFMでラジオ番組をつくったこと。番組のタイトルは「一人じゃないから」。不登校・ひきこもりでつらい思いをしているのはあなた一人じゃない、ここに私がいるよと伝えたかった。親の会に初めて参加したとき、自分一人じゃないとわかってどれほど安堵したことか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりを経て28歳になった息子 母を驚かせたある行動

591号 2022/12/1

「身内だからこそ許せない」 最悪の兄弟関係に終止符を打った兄の一言

590号 2022/11/15

やっと見つけた、ひきこもりの息子にしかできないこと

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…