不登校新聞

601号 2023/5/1

「朝早く起きて」結果だけを求める親の一言で不登校の子どもが変わらない理由

2023年12月21日 13:04 by kito-shin
2023年12月21日 13:04 by kito-shin

 学校へ行かない。朝早く起きれない。お風呂に入らない。そんな子どもに親御さんがイライラしてしまう気持ちもわかります。でも子どもの現在の状態にはかならず何か背景があるんです。その背景を想像することで、子どもとの信頼関係を取り戻すことができます。不登校支援にたずさわる土橋優平さんに子どもの背景について、執筆いただきました。(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第13回)※写真は土橋優平さん

* * *

 新年度に入ってすこし経ちました。「〇年生になったら学校行こうかな」、「4月になったら始業式行こうと思う」。そんなふうに言っていた子どもが、実際に学校が始まってみたらまったく行く気配がない。その背景には朝起きられない、お風呂に入らないなど、いろいろなことが見えてきます。「早く起きなさい!」、「お風呂ちゃんと入りなさい!」。そんなふうに声をかける親御さんもいらっしゃると思います。でもそれが結果につながらない。今回はそんなお悩みのある方に届けたい内容です。

 ちょっとイヤな質問をするかもしれません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「楽しくてやってるわけじゃない」子どもがゲーム・ユーチューブに熱中する本当の理由

621号 2024/3/1

「アドバイス通りにできない」と悩む不登校の親に試してほしい2つのこと

620号 2024/2/15

「あえて言います。もう『子育て』をやめてください」親子が信頼し合うために、じつは無責任が大事な理由

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…