不登校新聞

352号(2012.12.15)

論説「絆、絆と言うけれど」小沢牧子

2013年12月20日 18:40 by shiko
 夕暮れの時間が好きだ。晩秋のそれはことさらに。西の空に茜色が残り、一番星が光る直前のひととき。木々や屋根のシルエットがくっきり浮かぶ。どこにいても、このときにはしばらく空を眺める。そしてわけもなく「大丈夫」という気分になる。子どものころから、いつも頭の上にある空のこの時間に、安心と励ましをもらってきたからだ。若い友人が、「その時間帯には名前があるんですよ。逢魔のとき、またはゴールデンタイムとも言うんです」と教えてくれた。人の心を深くとらえもするが、幼い子が泣き、病人が不穏になるときなのだとも。そういえば、いっしょに住んでいた義母が90歳をすぎたころ、「夕方のこの時間に、とっても淋しくなるの」と言っていたことを思い出す。やさしくまた恐ろしい自然の深みに人は否応なく組み込まれ、自然との強い絆のなかで日々を生きている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...