不登校やひきこもりに関する書籍は多数出版されている。不登校経験者が書いたもの、専門家が書いたものと、何から読めばいいのか迷うこともしばしばだ。そこで、「ぜひとも読んでほしい」という編集部オススメの一冊をご紹介したい。
 
 本書は、故・渡辺位さん(児童精神科医)の講演録を再校正したもの。もっとも古いもので1996年と、今から18年も昔の話が掲載されている。しかし、古いとは感じない。むしろ、何度読み直しても、「やっぱりここが大事だよね」とその都度、気づかせてくれる不思議な一冊だ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。