不登校新聞

381号 (2014.3.1)

私の不登校が始まった日

2014年02月27日 16:45 by kito-shin


 のぼる朝日と、シーンとした部屋だったのを、強烈に憶えている。「わたしは、終わった」と思った。13歳の冬だった。

 「終わった感」の中身には、朝起きたら身体がまったく動かなくなったことや、これからどうすればいいのか考えなくてはならないという、始まりの恐怖もあった。

 小学校のときからいじめを受けていて、ほんとは中学も行きたくなかった。「行きたくない、でも行かなきゃ」をくり返して、ついに針がふり切れたなと思った。身体が動かない。力が入らない。学校に行かなきゃとか、もうそういうレベルじゃなかった。

 わたしは何者なのだろう? 学校には行ってない。勉強もできない。このままだったら、ずっと部屋のなかだ。何にもなれない。そのまま、ボーッとしていると、まるで走馬灯のように、いじめられている自分の映像と、母の笑顔と、いろんな情景が頭のなかにまわった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...