不登校新聞

381号 (2014.3.1)

第30回 孫のために祖父母ができること

2014年02月27日 16:58 by kito-shin


連載「孫の不登校」 


 誰でも孫はかわいいです。でも、よかれと思っていろいろやってみても、孫に嫌がられることになるので、自信をなくしています。この欄で「こうしたらダメなんだ」ということはたくさん学びましたが「不登校のお孫さんに、とてもいいかかわり方だった」という具体例があれば、教えてください。

 あるお孫さんの例をご紹介します。小さいころからものづくりが大好きで、手先も器用なお孫さんでした。小学生のころから、下校すると粘土やプラモデルや紙工作など楽しそうにつくっていました。

 中学に入って不登校になると、家にこもり、毎日毎日何かつくっていました。なかでも恐竜づくりはとても上手で、1体仕上げるのに、あれこれ研究しながらつくりあげる徹底ぶりでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...