以前、『Fonte』でも取り上げていたように、もうすぐ29歳になる息子もいじめの被害者です。「でした」とはいまだ書けません。傷が残っているからです。いじめの最大の問題点は「被害者を人間不信にすること」だと思います。人は人を信じることなしには、まず生きてはいけません。私たちは無意識に人を信じることで生きています。でなければ、道を歩くことも、電車に乗ることも、食べることもできないでしょう。そういう状態にまで人を追い込むのが「いじめ」です。「加害者もなんらかの被害者である」ことは私も知っています。しかし、だからと言って加害行為を許してはなりません。それは加害者自身のためにならないからです。私が98年にPCを買ってしたことは、ネットでいじめに苦しむ人たちの相談にのることでした。もう15年になります。その間、いじめのなにが変わったでしょう?



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。