不登校新聞

343号(2012.8.1)

【大津自殺】いじめは人間不信を呼ぶ

2013年03月27日 15:08 by kito-shin

以前、『Fonte』でも取り上げていたように、もうすぐ29歳になる息子もいじめの被害者です。「でした」とはいまだ書けません。傷が残っているからです。いじめの最大の問題点は「被害者を人間不信にすること」だと思います。人は人を信じることなしには、まず生きてはいけません。私たちは無意識に人を信じることで生きています。でなければ、道を歩くことも、電車に乗ることも、食べることもできないでしょう。そういう状態にまで人を追い込むのが「いじめ」です。「加害者もなんらかの被害者である」ことは私も知っています。しかし、だからと言って加害行為を許してはなりません。それは加害者自身のためにならないからです。私が98年にPCを買ってしたことは、ネットでいじめに苦しむ人たちの相談にのることでした。もう15年になります。その間、いじめのなにが変わったでしょう?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...