私は、元不登校の二人の子の親として、貴重な情報と連帯を発信する『Fonte』を読み続けてきた。先の休刊の危機を告げる紙面のなかに「力及ばず……」といった類の言葉があったが、現状はそういうことではないだろう。

 どの新聞・雑誌・本も、今、読者数の長期低落に悩んでいる。手書き文化→印刷文化→デジタル文化という大潮流の歴史的な転換点に直面している。印刷メディアそれぞれの個性や、毎号の内容の出来・不出来という次元を超えた変動であり、カンフル剤的な対策は無効だ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。