不登校新聞

343号(2012.8.1)

声「存続危機に思う」

2013年07月19日 17:23 by kito-shin


 私は、元不登校の二人の子の親として、貴重な情報と連帯を発信する『Fonte』を読み続けてきた。先の休刊の危機を告げる紙面のなかに「力及ばず……」といった類の言葉があったが、現状はそういうことではないだろう。

 どの新聞・雑誌・本も、今、読者数の長期低落に悩んでいる。手書き文化→印刷文化→デジタル文化という大潮流の歴史的な転換点に直面している。印刷メディアそれぞれの個性や、毎号の内容の出来・不出来という次元を超えた変動であり、カンフル剤的な対策は無効だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...