不登校新聞

250号(2008.9.15)

不登校経験者 ひきこもりは感謝の対象

2014年07月30日 15:18 by nakajima_



今回は、不登校やひきこもり、摂食障害などの経験を持つ方に自身のひきこもり経験について執筆していただいた。

 今回はひきこもりについての原稿を依頼されたが、拒食・過食の経験をきっかけに、断食、玄米菜食、鍼灸などの東洋医学者やシュタイナー、ホリスティック医学などの癒しの世界に入った今の私には、私の不登校・ひきこもり人生生活録に相当する本を書くようなものになる。やや抽象的にはなるが大まかに書くことにする。

 ひきこもりを考えるにあたっては、まず病気の意味のとらえ方から始める必要がある。病気とは悪いもので治療の対象とする西洋医学的な立場が一般的だ。医師の渡辺位氏の言葉なら「不登校、ひきこもり、拒食・過食、非行」=「病気」で、「悪いものを食べれば下痢をするように、生物の自己防衛本能で治療の対象としない」である。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...