不登校新聞

250号(2008.9.15)

ひきこもり名人・勝山実さんに聞く

2014年07月30日 15:27 by nakajima_


今回は、「生涯ひきこもり宣言」をしている勝山実さんにお話をうかがった。勝山さんには、「安心ひきこもりライフ」を送るための生涯設計や、ひきこもりについての考えをお聞きした。

――まずは経歴を教えてください。
 高校2年生までは学校に通い、高校3年生からひきこもり始め、現在にいたります。今後もひきこもったまま、生涯半人前をまっとうしたいと思っています。だいたい、それくらいですかね(笑)。

 もし付け加えるならば、最近、富士山に登ったということです。富士山の8~9合目ぐらいで、疲れ果ててまったく動けない子どもに出会いました。うなだれて目も死んじゃってる、そんな子どもに対して、説教クサイ親が「がんばれ」だの、「あとちょっと」だのと、まったく心に響かないアドバイスを送ってました。私が高校を中退したのが3年生の2月。いろんな大人から、同じようことを山ほど言われました。あれはまったく励ましになりませんね。しかし、まさか富士山で、高校中退当時の心境を味わうとは思いませんでした。

――それでは現在の生活基盤を教えてください。
 まず、ちゃんと親のスネをかじることから始まります。ここをおろそかにしてはいけません。高校を辞めた直後から20代前半までは親との戦いがありました。「タダでメシを食うな」とか、「寝ているだけのくせに」とか、いろいろと言われましたが、今は何も言いません。一人暮らしでひきこもる人もいますが、生活を考えるならば私は断然実家暮らし派です。家賃、光熱費、食費を親に負担してもらえるのは、本当に大きいですからね。たまにはうるさいことを言いますが、それをさっ引いてもメリットがあります。

 現金収入は職業訓練の工賃と障害者年金です。職業訓練は2年ほど前に始め、月1万数千円の収入があります。私の生活で一番の太い収入は障害者年金です。精神障害者として月6万6008円の支給を受けています。

――親からの援助が受けられなくなったら?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...