不登校新聞

361号(2013.5.1)

集会情報「子どもの支援を考える」

2013年04月26日 15:43 by kito-shin
 山口県下関市で活動しているNPO法人「NEST」が6月1日より、「サポート養成講座」を開催する。講座は全6回行なわれる。本講座では、不登校やひきこもりの子ども・若者の日々の心理や行動の理由、またそれに対する具体的な援助や関わり方を学ぶもの。講師は同法人代表の石川章さんが務める。
「NEST」は1996年、「フリースクール下関」として活動を始めた。子どもが通うフリースクール活動や個別の学習支援のほか、個別の相談事業(毎月第4金曜日、初回50分1000円)も行なっている。
 
  ひきこもりについては、ひきこもり状態の人を持つ家族を対象とした家族支援例会(毎月第2土曜、1家族3000円)も開催しており、アドバイザーには臨床心理士・西村秀明さん(宇部フロンティア大学教授)を迎え、心理と実務の両面からのサポートを行なってる。サポート養成講座などの詳細については上記を参照のうえ、お問い合わせを。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...