不登校新聞

221号2007.7.1

声「家族が揃うということ」

2015年03月12日 14:45 by 匿名


 子どもセンター「パオ」も1周年記念だそうですね。"緊急避難場所”があることに、もう、ひたすら目頭が、熱くなりました。「わが家で、家族が揃って暮らせているのは"たまたま”なんだよナァ」と、よく考えます。

 私や夫に、将来、何が起こるかもわかりません。途方にくれているウチの子どもたちの姿が目に浮かびます。家庭を頼れない、行き場が見つからない子どもさんの話は、けっして他人事ではないぞ~、明日のわが身なんだーと、思います。ですから、「パオ」のようなNPO法人が、あるのだと知って、とても嬉しくなった次第なのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「すべてがストップしてしまう」息子が不登校になって心配だったこと

539号 2020/10/1

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

538号 2020/9/15

「これからどうする」と聞かれても親だって困る【祖父母と孫の不登校】

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...