不登校新聞

221号2007.7.1

声「家族が揃うということ」

2015年03月12日 14:45 by 匿名
2015年03月12日 14:45 by 匿名


 子どもセンター「パオ」も1周年記念だそうですね。"緊急避難場所”があることに、もう、ひたすら目頭が、熱くなりました。「わが家で、家族が揃って暮らせているのは"たまたま”なんだよナァ」と、よく考えます。

 私や夫に、将来、何が起こるかもわかりません。途方にくれているウチの子どもたちの姿が目に浮かびます。家庭を頼れない、行き場が見つからない子どもさんの話は、けっして他人事ではないぞ~、明日のわが身なんだーと、思います。ですから、「パオ」のようなNPO法人が、あるのだと知って、とても嬉しくなった次第なのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「息子のことがわかりません」不登校する理由がわからず自分を責め続けた母が決めた覚悟

596号 2023/2/15

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…