不登校新聞

221号2007.7.1

声「家族が揃うということ」

2015年03月12日 14:45 by nakajima_


 子どもセンター「パオ」も1周年記念だそうですね。"緊急避難場所”があることに、もう、ひたすら目頭が、熱くなりました。「わが家で、家族が揃って暮らせているのは"たまたま”なんだよナァ」と、よく考えます。

 私や夫に、将来、何が起こるかもわかりません。途方にくれているウチの子どもたちの姿が目に浮かびます。家庭を頼れない、行き場が見つからない子どもさんの話は、けっして他人事ではないぞ~、明日のわが身なんだーと、思います。ですから、「パオ」のようなNPO法人が、あるのだと知って、とても嬉しくなった次第なのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...