連載「ひきこもり時給2000円」vol.11


 「強迫神経症」という言葉を知っていますか? 僕は知っています。なぜなら、比較的最近までこの症状に悩まされていたから。ここ1~2年はほぼおさまっていますが、28歳からの10年ほど、この症状に苦しめられていました。意外? 
 
 僕がどうしてもやめられなかった行為はふたつあって、ひとつは玄関のカギが締まっているかどうかが心配になって、何度もドアを確認してしまうもの。もうひとつは、部屋の電気ストーブがつけっぱなしになっているのではないかと気になって、これも何度も確認してしまう行為。どちらも、いわゆる確認強迫というやつです。玄関のカギを締めたか心配になるというのは誰にでもあることですが、あれの程度がずっとひどくなったものを想像していただけるとよいと思います。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。