不登校新聞

417号 2015/9/1

小・中・高でいじめ 親にお願いしたいこと

2015年08月31日 17:21 by kito-shin
2015年08月31日 17:21 by kito-shin


 私は小学校、中学校、高校と、ずっといじめられていました。小学校のときは、友だちだった子がある日、突然別の子のグル―プに入り、私をいじめました。中学校ではその子たちから離れたくて、学区外の学校に行きましたが、そこでも同じようにいじめのターゲットになりました。高校のときは、体育の先生から、授業中ずっと立たされるなどのいじめを受けました。
 
 私はいじめられていることを家族にも友だちにも、誰にも言えませんでした。父と母は離婚し、母親は夜勤から帰ってくると、疲れているのか「話しかけないでよオーラ」を出していて、学校の話などまったくできない状況でした。仮にいじめられてることを話したとしても「あんたが悪いんでしょ」と言われると思いました。誰に相談していいかわかりませんでした。
 
 だんだんいじめられていることを言えない自分が嫌になり、リストカットをし始めました。自分の気が済むまで毎日やりました。
 

毎朝 母に見張られ

 
 学校に行かない、という選択肢はありませんでした。母がそれを許さなかったのです。母は毎朝、私がちゃんと学校にいくか、玄関で見張っていました。私は見送られたあと、公園で時間をつぶしたりしながら学校に通い続けていました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いっしょにごはん食べないか?」高校3年間の不登校が終わるきっかけは父からのメールだった

596号 2023/2/15

「避難者であることを隠して生きよう」原発いじめに苦しんだ小学生の決断【全文公開】

596号 2023/2/15

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…