不登校新聞

497号 2019/1/1

その他 (他の号の記事)

世界フリースクール大会、シドニーで開催

毎年、開催されているデモクラティックエデュケーションの世界大会、IDEC(International Democratic EducationConference)は、200...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

子どもの声から大きなうねりを【子どもの権利条約】

条約は、子どもにとって一番いいことを考えるときに、おとなが勝手に決めるのではなく、子どもの意見を尊重しましょう、という価値観の大きな変化を世界にもたらしました。 ところが、子...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

「右翼のダンプ突入」不登校の歴史vol.199

奄美大島宇検村久志の部落で起きた"登校拒否追放運動"について、現地調査を行なった東京シューレの子どもたちの報告集をさらに紹介する。 「旧無我利道場の人たちを追放するために久志...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

かがり火

長田塾裁判で、長田塾に拉致された子ども自身が法廷に立った。20歳になった原告は静かにつらい被害の体験を語り「自分には長田塾は必要なかった」と言い切った言葉には体験に基づく説得...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

ひといき

長田塾にアイ・メンタルスクール、戸塚ヨットスクール……と愛知県は不登校あるいはひきこもりの子どもに対する暴力が蔓延している。 この前、出所後の戸塚校長がテレビに生出演して自分...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

拝啓 子ども時代の私へ 大人になったあなたは和菓子好きです

私は、芋ようかんや大福などの和菓子に目がない。しかし、そんな私も子どものころは、お酒をたしなむ大人に憧れていた時期がある。 仕事帰りに飲み屋に立ち寄り、瓶ビールをグラスに注ぎ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

「発達障害」その診断よりも大事な子どもを見る視点は

「不登校と医療」というテーマで毎年夏の「登校拒否・不登校を考える全国大会」で分科会を担当させてもらっているが、今年の分科会に参加された人のお子さんの大多数が「発達障害」という...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

始まったヒアリング 不登校の歴史vol.493

フリースクール議連と夜間中学議連合同で始まった「多様な教育機会確保法(仮)」を検討するための第4回立法チーム勉強会からは、さまざまな立場からの意見を聴取するため、ヒアリングが...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

「僕はひきこもりだ。生粋のひきこもりだと思う。何の価値もない、何もできやしない、自分の部屋にしか居場所のないひきこもりである」。 そんな書き出しで始まるこの本は、こう続きます...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

「多様な教育機会確保法(仮)」の立法チームの検討が始まった。前号に引き続き、第2回、第3回も、座長だった馳ブログから、内容を知るしかない。 まず、2015年6月25日の「立法...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 492号 2018/10/15

ひといき

「うちの子はゲームばかりで心配です」「ゲーム障害が心配です」という質問を毎回の講演後にお聞きします。 私の勝手な仮説ながらゲームに没頭するのには3つの段階があります。 第1段...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 492号 2018/10/15

かがり火

2019年は、国連子どもの権利条約が30周年になる。 国連で「子どもの権利宣言」(児童の権利宣言)が1959年に採択されて30周年の1989年11月20日に子どもの権利条約が...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 492号 2018/10/15

第1回立法チーム 不登校の歴史vol.491

「多様な教育機会確保法」(仮称)について、いよいよ具体的な検討が立法チームでなされることになった。 立法チームは、あらかじめ日程が定められているわけではなく、だいぶ近づいてか...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 491号 2018/10/1

安否確認も子どもの気持ちに沿えないものか

いま多い相談が「安否確認」についてである。不登校の子どもの家庭に、安否確認のため、担任の先生、スクールカウンセラー、子ども家庭支援センター、児童相談所職員などが訪問されるので...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 491号 2018/10/1

ひといき

先日、小学校の道徳の授業はどうだったかというのが事務所の話題になった。 私は、よくテレビを見せられた記憶がある。「明るいなかま」とか「みんななかよし」とか。 あいつをはじめて...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 491号 2018/10/1

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

最新の調査によれば、国公私立の小・中・高等学校及び特別支援学校で認知されたいじめは32万件を超えています。 いじめについては、それにより子ども自ら命を絶つ事案が毎年のように起...

  いいね!   koguma koguma from 490号 2018/9/15

波乱の幕開け 不登校の歴史vol.490

議員連盟から「多様な教育機会確保法(仮称)」試案が出され、年度内成立を目指すことが確認された2015年5月27日からすぎること20日。 この法案の火つけ役になった「フリースク...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 490号 2018/9/15

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...