連載「親のための不登校Q&A」vol.11


 卒業や進級の時期が迫ってくると、親も子も不安や焦りが出てくるし、学校からもいろいろなことを言われ、それへの対応に悩んだり困ったりすることが多くなります。
 
 わが家の場合、次男は中学校での不登校だったので、とくに3年生のときは、細かい一つひとつのことへの対応がけっこうストレスでした。進路調査・卒業文集・卒業アルバム・卒業式etc……。
 
 進路調査は、息子が「進学しない」と言っていたあいだは出しませんでした。卒業文集も、息子にそんな気はまったくなかったので出していません。卒業アルバムは①学校に来てみんなといっしょに撮影、②学校に来て一人で撮影、③カメラマンが自宅に来て撮影、④既存の写真を使う、などが学校から提案されました。息子は、「適当にあるものを使ってくれたらいい」ということだったので、学校に1カ月間ほど通っていた2年生のときのクラス写真を使ってもらうことにしました。ほかの子の場合は、学校に行ってみんなといっしょに撮影したり、自宅に来てもらって撮影したりもしたそうです。アルバムに載ること自体を拒否した子もいます。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。