正月には新春を祝う植物を飾る習慣がある。福寿草もまた特別に華やかな色彩を放つ「芽出たい花」とされている。日本では江戸時代から園芸種として改良されてきた。

 福寿草は本来落葉樹林下の植物で、春3月ごろに開花し、5月ごろにかけては葉を茂らせて、地上部は枯れ、根幹だけを残して休眠する。つまり5月から10月ごろにかけては、落葉樹林の日陰にあって陽が当たらないと花は開かない。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。