◎もしも国のお金が使えたら


防衛予算4兆円7741億円の半額で障害者への直接給60万人分の雇用創出

 この提案のポイントは、以下の通りだ。

 第一に、軍(自衛隊)を保有する主体は、国家ではなく国民である。また、いかなる規模で保有するかは、国民投票によって決定すべきだ。そのように法改正を行なったうえで、私なら「現在の軍を半減し、残り半分は災害救助隊に再編する」、「災害救助隊は、領土が侵略された際にかぎって、国民の過半の指令によりゲリラ=レジスタンス闘争を行なう」と、提案するだろう。こうして、軍事(防衛)予算を半減し、消費へと振り向けることができる。なお予算の削減は装備(ミサイルや船舶・航空機)を中心に行ない、兵士の員数はなるべく減らさない。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。