不登校新聞

257号(2009.1.1)

08年 活気づいた市民活動

2014年05月12日 13:49 by nakajima_
 
 
 こんな1年ではあったが、何といってもオバマ大統領が選出されたことは、社会は変えられるという勇気を世界中の人に与えた年であった。日本でも格差社会を変えようと多くの人が立ち上がって動いている。昨年NPO法施行10年ということもあり、今年10周年を迎えるNPO団体も多い。自分たちが積極的に社会づくりにかかわり、社会を変えていこうとする人たちは増えている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...