不登校新聞

257号(2009.1.1)

08年 自殺・他害事件

2014年05月12日 13:45 by nakajima_
 
 
 大分県では3学期の始業式に、中3男子が飛び降り自殺、東京では2学期初日に中1男子が飛び降り自殺をしている。学校が始まる苦痛をこれだけ表現していることはあるまい。3月には学校のトイレで中1女子が首つり自殺(秋田)、教室で高2男子が補習日に自殺(長野)、東京では卒業式で学校のことを「大嫌い」と発言した小6の男子が、教員と親に叱責・注意され、直後に自殺した。このケースは、学校は子どもの気持ちを大事にするのではなく、建前のために自己を殺すところだということをよく表している。子どもたちの魂は「こうあらねばならぬ」という抑圧感のもと、自己が自己であることを保つことができず、自分でもどうしていいかわからず、否定される自己存在のもとで生きる意味を失い、自殺に追いやられていると考えられる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...