役に立ちそうもないのに、そこにいる。いつづけている。雨の日も風の日も、炎天下でも嵐のなかでも、ずっとたたずんでいる。そんな「かかし」的なモノたち。たとえば、誰ともわからぬ銅像、オブジェ、お店の看板やマスコット、飛び出し坊や、ポスターなどなど。歩いていると、ふと呼び止められたような気がして、振り向くとこっちを見ている。思わず写真を撮って、SNSにアップ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。