学校の夏休みを前に文科省が、夏休み明け前後に子どもの自殺が急増するので自殺予防の取り組みを全国の教育委員会と学校に呼びかける7月8日付通知を出した。

 通知は、①夏休み前にアンケートや教育相談を実施し早期発見に努める、②保護者に夏休み中の見守りを依頼する、③夏休み明け前後の見守り活動を強化、④自殺をほのめかす書き込みのネットパットロールの強化などを要請した。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。