不登校新聞

439号 2016/8/1

学校がムリでも、どこかに通ってくれたら【不登校Q&A】

2017年05月22日 12:14 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」vol.6


 子どもが学校に行けない、行かないことを、何とか受けいれられた親なら「学校に行かない(行けない)なら、せめて適応指導教室やフリースクールなどの場所に行ってほしい」と思うはずです。
 
 私自身もそうでした。長男のときは、なんとか高校を卒業したので、元気になって自分で動き出すようになるまでは、家庭ですごすことを受けいれるしかないと思っていました。しかし、次男に対しては、「あなたはまだ中学生なんだから、兄ちゃんみたいにずっと家ですごすというわけにはいかないよ、義務教育なんだから」と言ってました。
 
 今思えば、まるで脅しのような言葉です。義務教育というのは、子どもが行く義務ではないのですよね(くわしくは文末の「義務教育と不登校」を参照ください)。
 
 次男のときは、学校からも、すぐに「適応指導教室へ」とすすめられましたし、本人からも「見学に行く」という返事を取りつけて見学予約をしました。でも、結局、当日は起きてこられず、私一人で見学に行きました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...