不登校新聞

439号 2016/8/1

学校がムリでも、どこかに通ってくれたら【不登校Q&A】

2017年05月22日 12:14 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」vol.6


 子どもが学校に行けない、行かないことを、何とか受けいれられた親なら「学校に行かない(行けない)なら、せめて適応指導教室やフリースクールなどの場所に行ってほしい」と思うはずです。
 
 私自身もそうでした。長男のときは、なんとか高校を卒業したので、元気になって自分で動き出すようになるまでは、家庭ですごすことを受けいれるしかないと思っていました。しかし、次男に対しては、「あなたはまだ中学生なんだから、兄ちゃんみたいにずっと家ですごすというわけにはいかないよ、義務教育なんだから」と言ってました。
 
 今思えば、まるで脅しのような言葉です。義務教育というのは、子どもが行く義務ではないのですよね(くわしくは文末の「義務教育と不登校」を参照ください)。
 
 次男のときは、学校からも、すぐに「適応指導教室へ」とすすめられましたし、本人からも「見学に行く」という返事を取りつけて見学予約をしました。でも、結局、当日は起きてこられず、私一人で見学に行きました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...