不登校新聞

439号 2016/8/1

ひきこもっていた29歳~洋服屋に行くまでに試したこと

2016年07月29日 13:26 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.33


 昔、洋服屋さんに入るのが苦手でした。服やファッションへの興味はあったけど、店員さんとのやりとりを考えると、もう気が重くて重くて……。それに、おしゃれな街に行ったり、おしゃれなお店に入るのって、みょうに勇気がいるんです。でも長年の試行錯誤の結果、今はほとんど平気になりました。洋服屋さんなんて怖くない、店員さんだって怖くない。
 
 そんな折、ある女性ファッション誌に、「怖がらないで店員さんを味方につけよう・お買い物コミュ力UPで理想のオシャレを叶える」という特集を見つけました。これがなかなかおもしろかった。「へー、こういう雑誌でもこういう内容が取り上げられるんだー。みんな同じことで困ってるんだー」っていう感想。これって、不登校やひきこもり系でも参考になるテーマなので、この連載でも取り上げてみることにしました。
 
 前半の今回は「お店に入るまで」のところを、後半の次回は「店員さんとのコミュニケーション」について書きます。ちなみに、この特集が載っていたのは、『CLASSY』の2016年3月号(161ページ付近)。興味がある人は図書館とかで探してみてください。
 

"そもそもお店に入れない問題”

 
 さて、まず戦いはここからです。わたしたち、お店に入れません。でも、物理的に入れないわけじゃなくて、店員さんとのコミュニケーションが不安だからお店に入れない。そうですよね? 「今日は何かお探しですか?」とか聞かれると、必要以上にあわあわしてしまう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...