不登校新聞

311号(2011.4.1)

ベーシック・インカム第11回「ブラジルで実現したベーシック・インカム」

2021年08月17日 18:23 by kito-shin
2021年08月17日 18:23 by kito-shin

連載「ベーシックインカム」第11回

 すべての人に無条件で最低生活費を渡すベーシック・インカム。実現するとしても遠い未来のことだ、と思われることでしょう。ところが、もう実際にやっている国があります。

 ブラジルでは2004年にベーシック・インカムの法律ができ、段階的に実行に移されています。法律のおもな部分を紹介します。

第1条 市民基本所得は、2005年から施行することとする。この制度は、国内に居住するすべての国民および最低5年以上国内に居住しているすべての外国人が、その社会経済的状況に関わらず、毎年金銭的給付を受領することができる権利によって構成されるものとする。

①本条冒頭文の規定の適用に当たっては、行政府の裁量により、より貧困度の高い階層の住民を優先しつつ、段階的に達成されなければならないものとする。

②給付の支給は、すべての者に同等な額で実施されなければならないこととする。また、国家の発展程度及び予算上の支出可能性を検討した上で各人の食糧、教育および健康維持に要する最低限の支出額に対して十分な額でなければならないものとする。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

615号 2023/12/1

今回は障害や気質によって髪を切るのが苦手な子どもに寄り添う「スマイルカット」の…

614号 2023/11/15

「学校や会社とつながることに必死だった」。今回は、不登校の子どもと親の会「Sw…

613号 2023/11/1

児童文学作家・こまつあやこさんのインタビュー。こまつさんは今年4月、高校を中退…