不登校新聞

446号 2016/11/15

ひといき

2016年11月11日 12:57 by kito-shin


 掃除の極意として「置かない、敷かない、積みあげない」というのがあるそうです。テレビで見ていて『全部やってる……』と思いました。少し忙しくしていたこともあり、家のなかが足の踏み場もない状態です。しかもわが家は古書業を営んでいて、部屋も廊下も玄関の靴箱の上にまで本が積み上がっています。
 
 まだまとめて片付ける時間がつくれそうにないのでちょこっと片付けをすることにしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

490号 2018/9/15

波乱の幕開け 不登校の歴史vol.490

490号 2018/9/15

名前を言わなくてもいいので相談を

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...