不登校新聞

446号 2016/11/15

ひといき

2016年11月11日 12:57 by kito-shin


 掃除の極意として「置かない、敷かない、積みあげない」というのがあるそうです。テレビで見ていて『全部やってる……』と思いました。少し忙しくしていたこともあり、家のなかが足の踏み場もない状態です。しかもわが家は古書業を営んでいて、部屋も廊下も玄関の靴箱の上にまで本が積み上がっています。
 
 まだまとめて片付ける時間がつくれそうにないのでちょこっと片付けをすることにしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...