不登校新聞

366号(2013.7.15)

池上彰編著の『先生!』出版、不登校新聞編集長も

2013年07月19日 18:02 by shiko

  ジャーナリスト・池上彰編著の『先生!』(岩波新書)が本日、出版された。本書では「先生!」という言葉から思いつくエピソードを27名が執筆。執筆者は、芸人・大田光、漫画家・しりあがり寿、モデル・押切もえ、一水会顧問・鈴木邦男、作家・乙武洋匡ら。不登校経験者として不登校新聞社の編集長・石井志昂も執筆。石井志昂は自身の不登校経験や、学校での自殺や教員自殺の例を挙げつつ、「先生だって、苦しいから逃げる、つらいから逃げる。なんでもいいから生き延びる。その姿を子どもに見てもらう。それでいいんじゃないでしょうか」と指摘した。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...