不登校新聞

366号(2013.7.15)

池上彰編著の『先生!』出版、不登校新聞編集長も

2013年07月19日 18:02 by shiko

  ジャーナリスト・池上彰編著の『先生!』(岩波新書)が本日、出版された。本書では「先生!」という言葉から思いつくエピソードを27名が執筆。執筆者は、芸人・大田光、漫画家・しりあがり寿、モデル・押切もえ、一水会顧問・鈴木邦男、作家・乙武洋匡ら。不登校経験者として不登校新聞社の編集長・石井志昂も執筆。石井志昂は自身の不登校経験や、学校での自殺や教員自殺の例を挙げつつ、「先生だって、苦しいから逃げる、つらいから逃げる。なんでもいいから生き延びる。その姿を子どもに見てもらう。それでいいんじゃないでしょうか」と指摘した。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...