不登校新聞

366号(2013.7.15)

池上彰編著の『先生!』出版、不登校新聞編集長も

2013年07月19日 18:02 by shiko

  ジャーナリスト・池上彰編著の『先生!』(岩波新書)が本日、出版された。本書では「先生!」という言葉から思いつくエピソードを27名が執筆。執筆者は、芸人・大田光、漫画家・しりあがり寿、モデル・押切もえ、一水会顧問・鈴木邦男、作家・乙武洋匡ら。不登校経験者として不登校新聞社の編集長・石井志昂も執筆。石井志昂は自身の不登校経験や、学校での自殺や教員自殺の例を挙げつつ、「先生だって、苦しいから逃げる、つらいから逃げる。なんでもいいから生き延びる。その姿を子どもに見てもらう。それでいいんじゃないでしょうか」と指摘した。

関連記事

あなたは知っていますか? 1年で最もいじめが多い時期

487号 2018/8/1

「学校に戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ

487号 2018/8/1

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...