不登校新聞

366号(2013.7.15)

かがり火

2013年08月06日 14:03 by kito-shin



 グレーゾーンの話をするのは、何事も難しい。片方の立場に立てば他方には違和感を覚える、ということになるからだ。

 そこで、懸念だけ表明しておこうかと思うのだが、少し前のNHKの番組「あさいち」で、「子どものうつ病が増えている、まわりが気づいていない」という内容の放送があった。

 紹介されたケースは、私たちからすれば不登校に絡む身体症状や二次症状的なものだが、これを「うつ・うつ状態・うつ病」と捉え、専門家の対応を仰いだほうがよい、というものだった。どうしてこんなことになるのか、と悩んでいる家族や本人も「うつ」とわかって納得する。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...