不登校新聞

367号(2013.8.1)

声「頭と心の時差」

2013年07月30日 17:14 by kito-shin


 朝は起きない、ゲーム、ラジオ、TVという毎日の息子に、内心ではイライラしながらも、つねに「ガマン! ガマン!」と自分の心にふたをしてすごしていました。しかし、しょせん「ガマン」なので、ときどき、私の心のフタがはずれると、イヤミを言ったり、怒ったり、それで親子げんかに発展し、息子をさらに苦しめることになり、私も反省し……。そんなことをくり返していました。最近、「まあ、いいか……」と思えるようになってから、息子にもゆとりが出てきたように感じます。先日は、なんと!  自分の部屋に掃除機をかけていました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校との電話連絡でヘトヘトに、先輩お母さんが見つけた乗り切り方

512号 2019/8/15

「ひきこもることを恐れなくていい」20年以上ひきこもりと向き合って

511号 2019/8/1

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...