不登校新聞

461号 2017/7/1

かがり火 森英俊

2017年06月23日 17:37 by kito-shin


 全国的に少年犯罪や少年非行は減少しているにもかかわらず、いじめ自殺は一向に減るようすが見られない。いじめ自殺は、学校現場では多くの目撃者がいることが多く、遺族にとっては突然の出来事で悲嘆に暮れることが多い。

 文部科学省の調査によれば、いじめ自殺のおよそ6割が「原因不明」だとされている。いくら学校や教育委員会に詳細な調査を求めても満足な対応や回答は得られず、喪失感と深い悲しみのなかで遺族は二重に苦しむことが少なくない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...