不登校新聞

461号 2017/7/1

かがり火 森英俊

2017年06月23日 17:37 by kito-shin


 全国的に少年犯罪や少年非行は減少しているにもかかわらず、いじめ自殺は一向に減るようすが見られない。いじめ自殺は、学校現場では多くの目撃者がいることが多く、遺族にとっては突然の出来事で悲嘆に暮れることが多い。

 文部科学省の調査によれば、いじめ自殺のおよそ6割が「原因不明」だとされている。いくら学校や教育委員会に詳細な調査を求めても満足な対応や回答は得られず、喪失感と深い悲しみのなかで遺族は二重に苦しむことが少なくない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの長期休み明け自殺 不登校の歴史vol.470

470号 2017/11/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

470号 2017/11/15

見守られているというのは大きな原動力

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...