不登校新聞

461号 2017/7/1

子どもの将来が本当に心配なんです【不登校Q&A】

2017年06月26日 17:38 by kito-shin

連載「親のための不登校Q&A」vol.22

 親は、子どもが生まれたときから、つねに子どもの人生を心配するものです。生まれて間もないころから、育児書を見てその通りにならないと「どこか悪いのでは」と心配し、学校に行くようになれば「友だちできるかな」「勉強についていけるかな」「進学できるかな」と心配になり、その先は「就職できるかな」「結婚は」「子どもは」……。

 
 それは、平均とかふつうというものが安心だと無意識のうちに思っているからでしょう。そこにまったく考えてもみなかった「不登校」が加わると、その子の人生がどうなってしまうのか想像もつかず、心配でたまらなくなってしまうのもあたり前です。
 

方法は多様に

 
 私自身もそうでした。ひきこもった長男の場合は、高校を卒業していたので「元気にさえなればなんとかなるのでは」と思えましたが、次男の不登校のときは、本人も「兄ちゃんはいいわ。高校卒業してるから。でも俺は、中学も行けなくて、人生終わりだ」と言ってました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小学校から不登校、対応はどうしたら?

466号 2017/9/15

祖父母との関係、気を付けるべきはただ一つ【不登校Q&A】

465号 2017/9/1

ちょっとだけ学校へ“別室登校”ってどうなの?【不登校Q&A】

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...