不登校新聞

461号 2017/7/1

不登校からの「通えるところ探し」 母娘の奮闘をマンガ化

2017年06月26日 17:51 by kito-shin
.

 本書は、中学2年生で不登校した娘と母親のやり取りを描いたコミックエッセイです。
 
 テーマはずばり「通えるところ探し」。学校に行かないわが子に対し、フリースクールやサポート校、中高一貫校などを探し続け、3年間で3回も入学金を支払うことになります。そのほかにも医者に通ったり、適応指導教室にも足を運びます。これらすべて、「ふつうの学校に通い、ふつうの仕事に就いてほしい」との母親の想いからです。
 
 読んでいると「お母さん、いったん落ち着いて」と言いたくなる場面もあるんですが、だからといって母親を責める気持ちにはなれませんでした。母親だっていろいろたいへんなんです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...