不登校新聞

461号 2017/7/1

不登校からの「通えるところ探し」 母娘の奮闘をマンガ化

2017年06月26日 17:51 by kito-shin
.

 本書は、中学2年生で不登校した娘と母親のやり取りを描いたコミックエッセイです。
 
 テーマはずばり「通えるところ探し」。学校に行かないわが子に対し、フリースクールやサポート校、中高一貫校などを探し続け、3年間で3回も入学金を支払うことになります。そのほかにも医者に通ったり、適応指導教室にも足を運びます。これらすべて、「ふつうの学校に通い、ふつうの仕事に就いてほしい」との母親の想いからです。
 
 読んでいると「お母さん、いったん落ち着いて」と言いたくなる場面もあるんですが、だからといって母親を責める気持ちにはなれませんでした。母親だっていろいろたいへんなんです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...