不登校新聞

461号 2017/7/1

待つか働きかけるか、不登校対応の“正解”はどっち?

2017年07月07日 12:15 by koguma


 梅雨の時季の悩み事と言えば、やはり洗濯物です。私の数少ない趣味のひとつが洗濯なので、外に干してから出かけるか、室内干しという手段を取るか。最近は毎日のように、ベランダで腕を組みながら考えています。
 

不登校の対応 親にできること

 
 不登校の子を持つ親にできることは何か。この問いに、「待つことが大事だ」とする意見もあれば、「働きかけるべきだ」という意見もあります。
 
 正反対のことを言っているように思えるし、何となくどちらも正解っぽい。だからこそ、悩んでしまう。
 
 言うなれば、親の対応における究極の二者択一ですが、私は「待つ」という考え方を支持しています。なぜなら、「待つ」というのは「子どもが動き出すまでただ見つめ、黙って放っておく」と同義ではないからです。「待つ」とは、「環境調整」だと私は考えています。
 

さなぎの動き 外から見えず

 
 不登校やひきこもりの状態を「さなぎ」に例える人がいます。映画『さなぎ~学校に行きたくない』を撮った映画監督・三浦淳子さんもその一人です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...