不登校新聞

473号 2018/1/1

体罰やいじめ、子どもを暴力から守るには【2017年をふり返る】

2017年12月25日 14:30 by kito-shin



①子どもの虐待問題

2017年8月に発表された厚労省の調査(速報値)によると、2016年度に全国の児童相談所が扱った虐待相談件数は12万2578件で、前年より約2万件増加して過去最高を更新した。児童虐待防止等に関する法律の改正で「児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力」(夫婦間DVなど)が子どもに対する心理的虐待であると明記されたことにより、警察からの通報が増加したことが件数増加の要因とされている。

 子どもの虐待が統計にとられたのは1990年が最初であり、2000年にようやく児童虐待等の防止に関する法律が制定された。1990年の統計では年間1101件であり、2016年度の件数は約111倍にもなるが、その数字は虐待の増加を示すのではなく、家庭などで虐待を受ける子どもが発見、認知されるようになったと見るべきで、子どもの視点からはむしろ良い傾向ということになる。真に子どもの視点に立って、保護から自立支援への切れ目のない支援のシステム構築や孤立した家庭での孤独な子育てに陥っている親への子育て支援の拡充が求められている。

②学校の暴力

学校教育の場における子どもへの暴力として教職員による体罰、パワーハラスメントの実態は正確に把握されないまま温存されている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもを取り巻く2018年の教育トピックスは「学びの個別最適化」

497号 2019/1/1

不登校・子どもをめぐるトピックスはなんだったのか【2018年をふり返る】

497号 2019/1/1

いじめ過去最多32万件 でも「期待」を寄せられる理由【2017年をふり返る】

473号 2018/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...