不登校新聞

488号 2018/8/15

「中動態の世界」から見た不登校 意志という幻想が奪った言葉

2018年08月15日 07:56 by kito-shin



 新しい問題を提起した作品に贈られる賞として知られる「小林秀雄賞」や「紀伊國屋じんぶん大賞」。昨年から今年にかけて双方を受賞したのが『中動態の世界』(医学書院)だった。著者の國分功一郎さんが言う「中動態の世界」とは何なのか。不登校についても意義のある問題指摘なのか。不登校経験者がお話をうかがった。

*******

――北海道では「学校に行かさらない」という方言があるそうです。この表現があれば、私が不登校だったときにラクだったかもという気がします。

 その表現は私もツイッターで教えてもらいました。「スイッチを押ささる」のような使い方をするそうですね。「行かさらない」を標準語にあてはめれば「行かない」になりますが、まったくちがったニュアンスになります。「行かさらない」という言葉には「意図したわけではないが、状況のせいでそうなってしまう」という意味合いが含まれているからです。

 「行かさらない」は「中動態」的な発想でしょう。私は『中動態の世界』(2017年・医学書院)でこれをくわしく検討したんですが、現代の言語というのは「能動態」と「受動態」が対立していますよね。この対立はごくかんたんに言うと、「する」と「される」の対立です。私たちはどんな行為もそのどちらかであると考えてしまいます。そして、「する」ときは自分に意志があって、「される」ときは自分の意志とは関係がない、強制されていると考える。基本的に意志の有無でいろいろなことを分けているわけです。

概念も言葉もなかった「意志」

 ところが、古代の言語ではそうではありませんでした。古代の言語では「能動態」と「中動態」が対立していて、何かが自分の外側で完結するか、それとも自分の内側で完結するかという対立で行為をわけていました。たとえば「与える」は能動態ですが、「ほしい」は中動態です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

訪問支援をしてるので「寄り添う」とは何かを考えてみました

525号 2020/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。