不登校新聞

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 怨嗟編 「恋愛第一」の社会、ぶっちゃけウザいんですけど

2018年08月14日 16:53 by kito-shin



 生まれてこのかた、パートナーがいたためしがない。そもそも恋愛する元気がなかった。どん底のときは自分のことで精いっぱいで、わざわざ恋愛に時間と労力をまわすなんてありえなかった。それに自己否定ばかりで「自分には恋愛する資格がない」と思い込んでいた。

 心と身体に余裕ができてからは、恋愛に興味を持つ時期もあった。性別問わず気になる人がいたこともあったし、なぜか「山コン」(登山を通して交流をするイベント)に参加したこともある。結局うまくいかずに終わったけど、トキメクのも悪くないなと思えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...