不登校新聞

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 怨嗟編 「恋愛第一」の社会、ぶっちゃけウザいんですけど

2018年08月14日 16:53 by kito-shin



 生まれてこのかた、パートナーがいたためしがない。そもそも恋愛する元気がなかった。どん底のときは自分のことで精いっぱいで、わざわざ恋愛に時間と労力をまわすなんてありえなかった。それに自己否定ばかりで「自分には恋愛する資格がない」と思い込んでいた。

 心と身体に余裕ができてからは、恋愛に興味を持つ時期もあった。性別問わず気になる人がいたこともあったし、なぜか「山コン」(登山を通して交流をするイベント)に参加したこともある。結局うまくいかずに終わったけど、トキメクのも悪くないなと思えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「中卒はヤバい」ってホント? 実際に中卒の私が経験したその後

492号 2018/10/15

ひきこもり10年の僕が見つけた こもりながら人と交流する方法

491号 2018/10/1

「いってらっしゃい」と言いたくて ひきこもる子を持つ親の本音

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...