不登校新聞

488号 2018/8/15

「みんな同じ不安をもってる」それを気づかせてくれた初音ミクの曲

2018年08月15日 08:00 by kito-shin



 ちょうど20歳になったころ、何もない自分に絶望していた。自分なりにがんばって勉強し、車の免許や高認資格を取っても、まわりと比べてしまうと「できて当たり前、ふつうのこと」と思ってしまい、素直に自分をほめられない。

 そんなとき、ニコニコ動画で出会ったのが、初音ミクが歌う「普通になりたい」という曲。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

読者の声「札幌市子どもの権利条例」

189号(2006.3.1)

読者の声「学校復帰に自信をもつ教員」

189号(2006.3.1)

私が求めるもの「安心できる繋がりと自分を問う時間」

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...