不登校新聞

488号 2018/8/15

私が吹っ切れたのは母と二人で観たドームライブの日【別室登校中の14歳手記】

2018年08月15日 07:59 by kito-shin



連載「ただいま別室登校中!」vol.18

 私は音楽を聴くことがとても好きです。一番つらかった時期も、音楽があったからこそ乗り越えられました。

 そのなかでも、私は「Perfume」の曲をよく聴きます。Perfumeは、女性3人組のアイドルユニットで、「テクノポップ」というジャンルの曲を多く歌っています。私は小学5年生のころから聴いていました。

 初めてPerfumeのライブに行ったのは、中学1年の11月です。福岡市にあるヤフオクドームでのライブでした。母から誕生日プレゼントにチケットをもらったのがきっかけです。母によると、「元気を出してもらいたかったから」とのことでした。ずっと保健室登校が続いており、家と学校を往復するばかりの生活を送っていた私を心配していたのでしょう。

 母とふたりでドームのなかに入ったとき、あまりの広さと人の多さに驚いてしまいました。冬がせまっていた時期でしたが、それでも暑さを感じてしまうくらいの熱気です。私の席は外野スタンドの後ろのほうで、ドームのなかが見渡せる場所でした。それこそ、何万人もの観客がひしめき合っているところを一目で見ることができます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

1年間、連載を続けて私が私に思うこと【別室登校中の14歳手記】

494号 2018/11/15

別室登校だから始まった私の「新しいこと」【別室登校中の14歳手記】

493号 2018/11/1

初めて学校が楽しいと思った日が一変した「ジャックダニエル事件」【別室登校中の14歳手記】

492号 2018/10/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...