不登校新聞

491号 2018/10/1

安否確認も子どもの気持ちに沿えないものか

2018年09月27日 11:10 by kito-shin



 いま多い相談が「安否確認」についてである。不登校の子どもの家庭に、安否確認のため、担任の先生、スクールカウンセラー、子ども家庭支援センター、児童相談所職員などが訪問されるのである。

 子どもや親と合意されて行なわれるのであればトラブルにならないが、突然の訪問の場合もあったり、「会いたくない」というと「虐待と疑われても知りませんよ」と、脅しとも取れる言葉を言われた人もいる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

協力者会議の最終報告 不登校の歴史vol.508

508号 2019/6/15

暑さ対策に学校は手を打てないものか

508号 2019/6/15

報道される側になって感じたセーフティネット【編集後記】

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...