不登校新聞

491号 2018/10/1

「教室のなかに外とつながれる『広場』を」説

2018年09月27日 11:28 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.26

 王女役のオードリー・ヘプバーンが、つかのまの逃避行を満喫する映画『ローマの休日』には、ローマの観光もかねて、たくさんの広場が出てきます。スペイン広場、サンピエトロ広場、共和国広場……、映画は有名でも、なぜローマにそのような広場がたくさんあるのか、あまり気にする人はおられません。広場とは、もともとは交易する人たちが集まって、ものの売買や情報の交換をする場所でした。

 私の提案は、そういう「広場」を10歳ごろ(小学4年生ごろ)からの「教室」につくるという提案です。そもそもの広場は「外」につながっているものですから、交易ができたわけです。教室のなかにみんなでつくる広場は「外部」に情報を伝えることができるという仕組みを持った広場です。

 とくに、いじめの解消にこの広場をつくることを考えましたが、いじめから不登校がはじまる場合も多いわけですから、この広場づくりは閉鎖感のある状況にも風穴を開ける視点を与えてくれるのではないかと思っています。

 「教室に広場を」という提案の要点は、教室に外部の親や公の法的機関(警察や家庭裁判所など)とつながる広場をつくるという提案です。そこは生徒の悩みや訴えを生徒たち自身が取り上げて、解決のための話し合いを持つ場です。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

「よい場には、ちょうどいいゆるさが必要である」説

548号 2021/2/15

不登校への印象を明るくするだけで、はたして不登校は解決するのか

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...