不登校新聞

491号 2018/10/1

先生から突然告げられた「別室への転居」【別室登校中の14歳手記】

2018年09月28日 11:02 by kito-shin



連載「ただいま別室登校中!」vol.21

 保健室への登校を続けていた私は、怒涛の1年間を終え、中学2年生になりました。毎朝、保健室へ通い、好きな本を読み、その本をブログで紹介するという日課ができていました。

 そんなある日、いつもどおり保健室で、のほほんと本を読んでいた私に、やって来た担任の先生が突然「来週から、保健室ではなく空き教室に登校してください」。
 
 私は「なんでいきなり!」と思いましたが、あとで母親が先生に聞いてみたところ、「病気でもない生徒が保健室に通い続けているのは好ましくない」とのことでした。たしかに、保健室は体調の悪い生徒が行くところですし、ある意味「元気」な私が一角を占領しているのはよくないのかもしれません。

 個人的には、空調が一定に保たれており、基本的に静かで、読書を邪魔する人もいない保健室は、けっこう気にいっていました。もしかしたら『不登校新聞』で私が書いた「保健室登校」の記事が原因なのでは……と思ったりもしました(笑)。かなり好き勝手なことを書いていたので、記事を見た誰かが怒って「これは保健室から離さないと」と考えたのかもしれません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

初めて学校が楽しいと思った日が一変した「ジャックダニエル事件」【別室登校中の14歳手記】

492号 2018/10/15

熊本県から『不登校新聞』の会議に行ってみた【別室登校中の14歳手記】

490号 2018/9/15

ブログで広がった不登校後の世界 人との出会いも増えるきっかけに

489号 2018/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...