不登校新聞

491号 2018/10/1

ひきこもり10年の僕が見つけた こもりながら人と交流する方法

2018年09月28日 11:16 by kito-shin



 ひきこもり当事者、しょーたろーさんは、自宅にいながら人と交流する方法を考え、人を自宅に招き料理をふるまう「ひきこもり食堂」を開催した。やってみて気づいたことなどを書いていただいた。

******

 僕は26歳のひきこもり。高校2年の冬から、おおよそひきこもって生活しています。出かける場所もお金もないので毎日自室でPCをしたり、ゲームをしたりしてすごしています。生活はそれなりに快適なのですが、困ることもあります。ときおり無性に誰かと世間話がしたくなることです。

 しかし、ひきこもり当事者が集まるコミュニティスペースに出かけるのは交通費がかかるし、何より外に出なきゃいけない。とはいえSNSでやりとりするのは、なんか「しゃべっている感」がない。なので、なんとかして家から出ずに他人と対面で交流できないかなあと考えていました。

ひらめいたのは

 そしてひらめきました。「人を自宅に招いちゃえばいいんだ!」と。これなら僕は外に出ないで家で待っていればいいのです。

 しかし、ただ「ヒマだから遊びに来てください」では誰も来てくれないと思ったので、ちょっとしたイベントをしたらいいのでは、と考えました。いま話題の「子ども食堂」にちなんで、「ひきこもりが手ごねハンバーグをつくってふるまう会、『ひきこもり食堂』をします」と知人に呼びかけてみたのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...