不登校新聞

491号 2018/10/1

なぜ学校に行きたくないの? 「わからない」と答え続けたワケ

2018年10月03日 15:00 by kito-shin



作者・りゃこさんの不登校をコミックエッセイにした「私の不登校ものがたり」です。

 



■今だから話せる作者・りゃこのつぶやき

 カゼを引いたのをきっかけに、緊張していた自分のなかの糸が切れ「もうがんばれない、学校に行きたくない」と強く思うようになりました。

 驚いた親は理由を知りたがるのですが、ハッキリした理由がないので、尋ねられても「わからない」と答えていました。そして、適当な言葉が出てこない自分にもどかしさも感じていました。

 でも、もしかしたら……「音がしんどい」と言うと「学校はそういうところだ」。「みんなと決まったことをするのが苦手」と言うと「それぐらいで?」と言われるのが怖かったのかもしれません。そう感じない人にとっては「それぐらい」のことでも、私にとってはすごくエネルギーを要することでした。
 
 うまい言葉が見つからない、言っても理解されないかもしれない……、今思い返せば、それらをひっくるめて「わからない」と言っていたように思います。(りゃこ)

 ■著者近影

【作者プロフィール】1989年生まれ。小1から高3まで不登校。自身の不登校を漫画にして、ツイッターで発表している(@ryakoko)。漫画は2018年、朝日新聞のWEB企画「with news」にて、入賞作品に選ばれた。

関連記事

わたしの不登校ものがたり【最終回】

507号 2019/6/1

だんだんと高校を休みがちに、そのとき私が考えていたこと

506号 2019/5/15

5月の連休明けから体調不良、不登校になっていった私の心境

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...