不登校新聞

491号 2018/10/1

「N中等部」19年4月開設へ「N校」と連携し一貫教育を提供

2018年09月28日 10:37 by kito-shin


提供:学校法人角川ドワンゴ学園

 「N高等学校」(以下、「N高」)を運営する学校法人角川ドワンゴ学園は9月13日、都内で記者会見を開き、「N中等部」という新スクール事業を、2019年4月より開始すると発表した。

 「N高」は広域通信制高校である。3年間で必要な単位をすべて取得すれば、全日制高校と同様に、高卒資格を取得できる。2016年4月開校時に1482人だった在籍生徒数は、2018年9月時点で7024人と増えている。

 一方、「N中等部」は、学校教育法第一条に規定された学校ではない。つまり、生徒は自ら在籍する学校に学籍を置きつつ、「N中等部」に通うことになる。

現在、学齢期の中学生に対し、通信による教育を行なうことを認める法律が存在せず、通信制中学校をつくることはできない。そのため「N中等部」は、塾やフリースクールと同じ位置づけになる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...