不登校新聞

491号 2018/10/1

「N中等部」19年4月開設へ「N校」と連携し一貫教育を提供

2018年09月28日 10:37 by kito-shin


提供:学校法人角川ドワンゴ学園

 「N高等学校」(以下、「N高」)を運営する学校法人角川ドワンゴ学園は9月13日、都内で記者会見を開き、「N中等部」という新スクール事業を、2019年4月より開始すると発表した。

 「N高」は広域通信制高校である。3年間で必要な単位をすべて取得すれば、全日制高校と同様に、高卒資格を取得できる。2016年4月開校時に1482人だった在籍生徒数は、2018年9月時点で7024人と増えている。

 一方、「N中等部」は、学校教育法第一条に規定された学校ではない。つまり、生徒は自ら在籍する学校に学籍を置きつつ、「N中等部」に通うことになる。

現在、学齢期の中学生に対し、通信による教育を行なうことを認める法律が存在せず、通信制中学校をつくることはできない。そのため「N中等部」は、塾やフリースクールと同じ位置づけになる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...