不登校新聞

491号 2018/10/1

「N中等部」19年4月開設へ「N校」と連携し一貫教育を提供

2018年09月28日 10:37 by kito-shin
2018年09月28日 10:37 by kito-shin


提供:学校法人角川ドワンゴ学園

 「N高等学校」(以下、「N高」)を運営する学校法人角川ドワンゴ学園は9月13日、都内で記者会見を開き、「N中等部」という新スクール事業を、2019年4月より開始すると発表した。

 「N高」は広域通信制高校である。3年間で必要な単位をすべて取得すれば、全日制高校と同様に、高卒資格を取得できる。2016年4月開校時に1482人だった在籍生徒数は、2018年9月時点で7024人と増えている。

 一方、「N中等部」は、学校教育法第一条に規定された学校ではない。つまり、生徒は自ら在籍する学校に学籍を置きつつ、「N中等部」に通うことになる。

現在、学齢期の中学生に対し、通信による教育を行なうことを認める法律が存在せず、通信制中学校をつくることはできない。そのため「N中等部」は、塾やフリースクールと同じ位置づけになる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…