不登校新聞

491号 2018/10/1

第1回立法チーム 不登校の歴史vol.491

2018年09月27日 11:06 by kito-shin



 「多様な教育機会確保法」(仮称)について、いよいよ具体的な検討が立法チームでなされることになった。

 立法チームは、あらかじめ日程が定められているわけではなく、だいぶ近づいてからでないとわからない。国会や政治日程をにらみながら、ここでやろう、となって、市民側に知らせがくる。そうなると、それに合わさざるを得ないのが難しいところだった。

 そして、立法チームを何回かやっては、その結果を諮るため、夜中とフリースクール合同議連総会が開かれるのだった。それらの日程をとるのは、忙しい議員には、本当にたいへんそうだった。あるときは、早朝会議となり、一番バスに飛び乗ってかけつけたこともあった。

 第1回立法チームは、6月19日、開かれた。馳浩座長の「馳ブログ」によると、次のように述べられている。

    *  *   *

 10時10分、「多様な教育機会確保法」(仮称)について第1回立法チーム。条文化作業中の法制局や文部科学省担当者も同席のもと、議員の御意見に耳を傾ける。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...