不登校新聞

494号 2018/11/15

長年の不登校活動で「毎日社会顕彰」受賞

2018年11月12日 15:11 by kito-shin




 このたび、毎日新聞社社会事業団より「毎日社会福祉顕彰」を受けることになり、10月31日、その贈呈式が行なわれた。
 
 1年に3者選ばれるが、今年は47団体の推薦から「在日外国人教育生活相談センター・信愛塾」の竹川真理子さん、社会福祉法人「岩手県愛児会」の藤澤昇さんと僭越ながら私だった。

 いずれも子どもの現代的課題に取りくみ、長期にわたって、一貫したミッションで、社会に有意義な活動を継続、その熱意と精励に対して贈るとのことだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...