不登校新聞

494号 2018/11/15

長年の不登校活動で「毎日社会顕彰」受賞

2018年11月12日 15:11 by kito-shin




 このたび、毎日新聞社社会事業団より「毎日社会福祉顕彰」を受けることになり、10月31日、その贈呈式が行なわれた。
 
 1年に3者選ばれるが、今年は47団体の推薦から「在日外国人教育生活相談センター・信愛塾」の竹川真理子さん、社会福祉法人「岩手県愛児会」の藤澤昇さんと僭越ながら私だった。

 いずれも子どもの現代的課題に取りくみ、長期にわたって、一貫したミッションで、社会に有意義な活動を継続、その熱意と精励に対して贈るとのことだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...