不登校新聞

494号 2018/11/15

立法チームでの議論 不登校の歴史vol.494

2018年11月12日 14:57 by kito-shin

 2015年7月9日「多様な教育機会確保法(仮)」の立法チームの第4回勉強会が開かれ、フリースクールや夜間中学の関係者4人のヒアリングが初めて行なわれた。(前号より紹介)

 勉強会を開いた馳浩議員は「子どもの権利と親の義務は一体」「子ども主体の法律で学習計画も学力評価の施策でなく、子どもの命のための立法」と関係者に答えた。河村健夫議員は「財政支援は憲法89条もあり、公の支配の問題がある。私学振興法をつくってそこを超えたように、自主夜間中学やフリースクール支援のための法律をつくりたい。自殺などの事実も、この法律での救済を考える」と答えた。

 「立法の意図を疑っているわけではないが、結果として意図とちがう事態が起こることを危惧している」などの山下耕平氏の意見について、林久美子議員(事務局長)は「しっかりした運用の必要がある」と答えた。畑野君枝議員から「学校の問題点をどう改革するか」「財政支援が悪用されないためにどうするか、とくに塾などに広がったときはどう考えているのか」と出され、関係者4人に一言を求めた。

 山下氏は能力主義、成果主義、大学進学率が上がっても就職先がない、学力テストの問題、この法律ができてフリースクールが抱え込むなどの懸念を指摘した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...