不登校新聞

494号 2018/11/15

シンポジウム&活動報告会「不登校の人が一歩を踏み出す時」12月9日に開催

2018年11月13日 12:32 by motegiryoga

 このたび、今年の『不登校新聞』をふり返るシンポジウム・活動報告会を開催することとなりました。

 シンポジウムでは、「不登校の人が一歩を踏み出す時」というテーマに沿って、本紙子ども若者編集部員が登壇します。また、本紙編集長・石井志昂による「不登校後の進路」についてのミニ講演も予定しています。ぜひご参加ください。(東京編集局・茂手木涼岳)

【開催概要】

日 時 12月9日(日)、14時~16時

会 場 岸町ふれあい館(JR・東京メトロ「王子」駅徒歩5分)

内 容 ①2018年活動報告

    ②シンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」(司会・石井志昂本紙編集長)

参加費 無料(定員45名、申込不要)

主 催 NPO法人全国不登校新聞社

連絡先 03-5963-5526 / tokyo@futoko.org(茂手木)

※当日ご参加頂いた方先着10名様に弊社編集の新刊『学校に行きたくない君へ』(ポプラ社)を無料でプレゼント!!

【会場までの案内図】



『不登校新聞』の発行および子ども若者編集部の活動は、公益財団法人日工組社会安全研究財団の助成を受けております。

関連記事

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

551号 2021/4/1

不登校の相談先「親の会」とイベント情報

551号 2021/4/1

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...